見つけにくい盗聴器も盗聴捜査ですぐに解決できる

見つけにくい盗聴器も盗聴捜査ですぐに解決できる

レディ

盗聴調査とは

近年オフィスや一般家庭で盗聴器を仕掛けられる被害がみられており、知らない間に仕事やプライベートに関する情報を知られてしまう人が増えてきている傾向があります。盗聴そのものが犯罪行為なのですがそこから二次犯罪やトラブルに発展するケースも多いのですが、一般的に盗聴に気づいたり盗聴器を発見するのは困難です。
そこで利用されているのが盗聴調査であり、調査内容としては盗聴器の発見や盗聴器の除去などが挙げられています。

盗聴調査費用について

盗聴調査にかかってくる費用は業者によって異なっているほか、調査する部屋の広さなどによっても異なります。
例えば1Kなどの狭い範囲で調査をする場合は3万円から5万円ほどが相場とされていますし、3LDKなどのファミリータイプの広い範囲を調査するのであれば6万円から10万円ほどが相場です。またこれらの相場費用はあくまでも調査のみなので、発見した盗聴器の撤去もお願いするのであれば別途費用がかかってくる場合もあります。
そして自分で盗聴調査をするのであれば広域帯受信機などの道具を用意する必要があり、安いもので1万円ほどですが一般的には2万円から3万円程度で購入できます。ただし安いものの場合は対応していない周波のものも多いので、発見できない盗聴器があるので注意が必要です。

盗聴調査を自分でする?業者に依頼?

自分でする場合

自分で盗聴調査を行う場合は、まず「広域帯受信機」と呼ばれる盗聴器を受信する機械を購入する必要があります。広域帯受信機は業者も利用している機械のひとつで、盗聴器の近くにかざすと音が鳴る仕様になっています。広域帯受信機を使えば自力で盗聴調査も可能ですし、盗聴器の除去も種類によっては自力で出来るので調査費用を抑えられる点がメリットです。
注意点としては、広域帯受信機の種類によっては周波を受信できない盗聴器もあるところです。そのため盗聴器の種類や周波数によっては発見できない可能性もあるので、しっかり盗聴調査を行いたい場合は受信できる周波が大きいものを用意するか業者にも調査してもらうのがおすすめです。

業者に依頼する場合

業者に盗聴調査をする場合は、まずは盗聴されているかもしれないと相談してから調査に関する見積もりを貰います。そこで納得できれば本契約となるので、調査内容や料金に関して自分が納得できる業者を見つけてから依頼するのが大切です。特に最近は杜撰な調査をしたり高い費用を請求する悪徳業者も存在するので、きちんと信用できる業者を見極める必要があります。
調査については盗聴に関する専門的な知識や経験、技術を用いて行ってくれるので、自分たちで調査するよりも確実に盗聴器を発見できる可能性が高くなっています。発見した後も盗聴器を除去してくれるだけではなく、防犯対策のアドバイスをしてくれるのでアフターフォローに関しても充実しているところが多いです。

盗聴調査を行なった方の声

入居前に盗聴器を発見できて安心しました

賃貸物件へ入居する際、室内に盗聴器が仕掛けられているのではないかと感じて不安になり、盗聴調査を依頼しました。プロによる調査の結果、盗聴器を発見しましたが、入居前に発見したことで被害を未然に防げて安心しました。

所有する賃貸物件での盗聴調査をプロへ依頼

賃貸物件を所有しており、新たな入居者と賃貸契約を結ぶ前に盗聴調査を行いました。実績豊富なプロへ依頼したことで、迅速かつ丁寧な盗聴調査ができ、盗聴器は仕掛けられていないことが証明されたので、安心して入居してもらうことができました。

対応が丁寧で、安心して依頼できました

誰かに盗聴されているかもしれないという漠然とした不安を抱えながら暮らしていましたが、不安な状態から解放されたいと感じて盗聴調査を依頼しました。プロならではの高性能な機材を用いて調査してもらえた他、スタッフの対応がとても丁寧だったので、初めての盗聴調査でも安心して依頼できました。

プロの業者による盗聴調査の勧め

交際相手から部屋に盗聴器を仕掛けられたという話を耳にすると、誰しもが自分の家にも盗聴器が仕掛けられているのではと不安に駆られるかと思います。
そのような経験がある方は、プロの業者に盗聴調査を依頼することをお勧めします。私自身も盗聴器の不安に駆られ、知人の勧めでプロの業者に盗聴調査を依頼しました。調査の結果、最近出回っている発見されにくいタイプの盗聴器が私の部屋に仕掛けられていたことがわかり、すぐさま撤去してもらいました。さらに、撤去して終わりではなく、防犯についてのアドバイスもしてもらい、不安な気持ちを完全に払拭できました。プロの業者による盗聴調査に非常に満足しています。