防犯対策の大切さ

空き巣の被害が全国各地で相次ぐようになり、警察署から十分に警戒するようにお知らせが回ることも多くなりました。家庭レベルでも盗難が多発している状況があるため、防犯対策をすることの重要性は高まってきています。中には傷害窃盗になるような事件もあるため、防犯性が高い状況を作り出して侵入を諦めさせることが重視されるようになっているのが現状です。

防犯カメラはAHDカメラ?ネットワークカメラ?

リアルタイムで監視したいならAHDカメラ

防犯のためにカメラを設置する場合には目的によってカメラの種類を選ぶ必要があります。リアルタイムで監視したいのであればAHDカメラが適切です。タイムラグなく観察することができる仕様になっているからです。

記録を残しておいて防犯対策にするならネットワークカメラ

カメラを設置して記録を残しておきたいという場合に向いているのがネットワークカメラです。応答性はAHDカメラには劣りますが、画素数が大きくて鮮明な映像を記録することができるため、犯人の特定が容易になります。

gps発信機や防犯カメラで防犯対策をしよう

ハートを持つ人

防犯対策の方法

防犯対策を行うには様々な方法があるため、何を目的にして対策を立てるかに応じて手段を選ぶ必要があります。犯行があったときに状況を記録しておきたいという場合にはカメラの設置が適していますが、カメラは目立つところに設置しておくことで侵入に対する抑止力にできるのも特徴です。特定のものが盗まれてしまったときに対処したいという場合にはgps発信機を取り付けておくこともできます。一時的に貴重なものを預かっていて盗まれては困るという場合にはgps発信機をレンタルして取り付けることも可能です。この他にも建物に手を加えて防犯ガラスにしたり、二重のロックをかけられるようにしたりするなどの多様な対策方法があります。

実は怖い防犯対策の落とし穴

防犯対策の方法は侵入する犯人もよく理解しているということはよく理解しておかなければなりません。万全な防犯対策をしたつもりでもあまり意味がなかったということはよくあります。抑止力になるからとカメラを見える場所に設置したら、その死角だけを通って侵入されてしまうというのはよくあることです。また、金庫にgps発信機を付けておいたら中身だけ出して金庫は捨てられていたということもあります。盗難のプロは防犯のプロでもあるので、知能戦で勝つ必要があると考えて多重に防犯対策をしておかないと万全な対策は立てられないのです。

防犯のプロに聞いた!防犯に関する質問コーナー

防犯対策をしたいときにまず何をしたら良いでしょうか

これから初めて本格的な防犯対策をしようというときにはまずプロに盗聴調査をしてもらいましょう。既に狙われている場合には盗聴器が仕掛けられていることがあります。それを除去してしまってから対策を考えないと、十分に練って用意したはずの防犯対策を犯人に熟知されてしまっていて効果が発揮されない可能性があるからです。

[PR]高性能はgps発信機を貸し出し
ネット申し込みが可能☆

[PR]盗聴調査業者を手軽に探そう
専任スタッフが会社選びを徹底サポート☆

[PR]高機能なgpsがレンタルできる
利用プランを要チェック!